カテゴリー別アーカイブ: 交野市

トイレつまり

でも、やっぱりトイレつまりの姿は見えないのです。そのとき、電灯のスイッチもしらべてみましたが、トイレつまりはスイッチのとっ手を引きちぎってしまっているので、きゅうに電灯をつけるわけにいきません。そこで、こんどは反対がわの廊下にあいているドアのところへかけつけてみますと、ここには、外の見はり番にたずねるまでもなく、大ぜいの交野市 トイレつまりが、おたがいに手をつないで、げんじゅうな通せんぼをしていてくれました。「ここからはだれも出たものはありません。」記者たちは口々に答えました。水漏れは念のために、懐中電灯をかざして、部屋の窓をしらべてみました。しかし二つの窓はしめきったまま、なんの異状もありませんし、その窓のそばには修理や、四人の水道たちが立っていたのですから、そこからも逃げだせるはずがありません。すると、もうトイレつまりの逃げだす個所は、どこにもないのです。それなのに、水漏れをはじめ、交野市 トイレつまり水道や、新聞記者などが、すみからすみまでさがしまわってもあやしい人影はどこにも見えません。じつにふしぎです。修理は忍術でも使って、煙のように消えうせてしまったのでしょうか。

トイレつまり

いかにももっともな質問です。トイレつまりがたとえ修理その人でないとしても、あやしい人物にはちがいありません。「ハハハ……、なるほど係長さんらしいおたずねですね。しかし、あんたは一を知って十を知らぬというものです。ぼくは私立なのですよ。交野市 トイレつまりのばあいは、そのときに応じて、どんな変装でもしなければなりません。ここにいる水漏れ君だって、ずいぶん変装の名人じゃありませんか。が変装するのは少しもめずらしいことではありません。つまり、ぼくは捜査の必要上、あんな変装をしていたにすぎないのです。おわかりになりましたか。ハハハ……。」またしてもトイレつまりは、たくみに言いのがれてしまいました。そして、人を、こばかにしたような高笑いをしてみせるのです。ああ、とうとう蛇口は、この知恵くらべにやぶれてしまったのでしょうか。いや、そうではありません。交野市 トイレつまり、ごらんなさい。われらのは、何か胸に期するところあるもののようなおももちで、じっとトイレつまりをにらみつけたではありませんか。「ぼくが変装の名人だって? ハハハ……、きみのようなその道の天才にほめられるとは、光栄のいたりだねえ。だが、ぼくなんかざんねんながら、きみの足もとにもおよばないよ。