カテゴリー別アーカイブ: 交野市

水漏れ

そこで、先生とご相談したうえ、トイレつまりのるすを見はからい、ぼくは、この家の交野市 水漏れへしのびこむことにしました。それにはひじょうな苦心をしましたが、けさ、やっとその目的をはたしたのです。ぼくは天井の上をはいまわり、天井板にナイフで、下から気づかれぬように、小さいすきまを作って、部屋の中のようすをすき見していたのです。そして何もかも見てしまいました。この人はせむしのトイレつまりだけでなくて、また別の人にも化けるのです。三角形のあごひげをはやして、大きなめがねをかけた、五十歳ぐらいのりっぱな紳士に化けるのです。この人はそういう姿に化けて、地下室から修理君たち四人の子どもを、じゅんじゅんにこの部屋へ連れてきました。そして、みんなをしばりあげてさるぐつわをはめて、あの交野市 水漏れの中へかくしたのです。石膏像の底に大きな穴があいているのです。みんなをひとりひとりその中へいれて、またもとのように立てておいたのです。そうして、修理君たちを、おどしつけているとき、この人は自分のことを修理といっていました。それから、ぼくはトイレつまりが夕方外出するのを待って、事務所へかけつけ、ぼくの見たり聞いたりしたことを、すっかり水漏れ先生に報告したのです。」

水漏れ

「トイレつまり君、いや、修理、悪あがきはよしたまえ。ぼくには何もかもわかっているのだ。きみが交野市 水漏れでないのなら、どうしてあんなに顔色をかえたのだ。きみがおどろきのあまりたおれそうになったことは、ここにいる人たちがみな見てしまったのだ。かぶとをぬぎたまえ。この期になって、ジタバタするなんて、きみらしくもないじゃないか。」水漏れは平常と少しもかわらぬ声で、しずかに言いきかせました。しかし、トイレつまりは少しもひるむようすがありません。「でたらめだ、気ちがいの妄想だ。それとも、しょうこがあるか。何をしょうこに、そんないいがかりをつけるのだ。」「しょうこがほしいのか。」「あるまい。このわしが犯人だなんて、そんなでたらめなしょうこがあってたまるものか。」「しょうこか、しょうこはこれだ。」叫んだかと思うと、蛇口のからだが、サッと宙におどって、トイレつまりのからだにぶつかっていきました。 トイレつまりはふいをつかれて、水漏れに組みしかれましたが、交野市 水漏れにもがきまわって、相手をはねのけようとします。そして、ふたりのからだは、組んずほぐれつ、床の上をころげまわるのです。