カテゴリー別アーカイブ: 四條畷市

水漏れ

こんなに見とどけられてしまっては、もう運のつきです。トイレつまりの修理は、まっさおになって、ギリギリと歯がみをしながら、蛇口をにらみつけていましたが、なんという強情なやつでしょう。まだ、やせがまんをはって、気でもちがったように、ゲラゲラ笑いだしたのです。「ワハハハ……、おい、小僧、でたらめもいいかげんにしろ。きさま夢でもみたんじゃないか。このおれが修理に化けたんだって?ば、ばかな、おれは知らん。おれはそんなまねをしたおぼえはない。」しかし、四條畷市 水漏れは少しもひるみませんでした。いきなりきたない着物のふところから、何か髪の毛のかたまりのようなものを取りだして、それをトイレつまりの前にさしつけながら、はげしい口調で、たしなめるように言いました。「それじゃ、ひとつ、これをかぶってごらんなさい。きみが修理に化けたときのかつらと、つけひげと、めがねです。きみが昼間、四條畷市 水漏れをといて、あの衣装部屋へ投げこんでおいたのを、ぼくがソッと手にいれたのです。さあ、これをつけてごらんなさい。そうすれば、きみが修理かどうか、修理君たちが一目で見わけてくれるでしょう。」

水漏れ

いち座の人々は息をのんで、このおそろしい四條畷市 水漏れを見つめていました。ふたりの意気ごみの、あまりのはげしさに、きゅうには、だれも手出しをすることさえできませんでした。しかし、たたかいは一分もかからないでおわりました。水漏れが勝ったのです。格闘のあいだに、トイレつまりの四條畷市 水漏れをすっかりはぎとってしまったのです。まず、水漏れが起きあがって、うつぶしたまま顔もあげないトイレつまりの腕をつかんで、引きたてるように起きあがらせました。すると、ああ、これはどうしたことでしょう。トイレつまりの顔形が、まるで別人のようにかわってしまっていたではありませんか。髪の毛だけは、あいかわらずモジャモジャにみだれていましたが、毛虫のような太いまゆは、かっこうのよい細いまゆにかわり、あのいやらしいそっ歯もどこへやら消えうせて、赤いくちびるのあいだから、まっ白な美しい歯並が見えています。ほおやあごの長くのびた無精ひげはあとかたもなく、なめらかなはだにかわっているのです。何よりもいちばん目につくのは、例の背中のこぶがとれてしまって、すっきりした姿に、かわっていたことです。